すぐにGOサインを出す必要はないのです

また、一人暮らしの女性だと、近所の方への、挨拶回りは差し控えた方が安全な場合もあります。

引越しのときには、荷物をダンボールにまとめていく作業は面倒に思えても、必ず行わないといけないことです。ひとつコツをいえば、重かったり壊れやすいというものは、小さなダンボールに、軽くてかさばるものを大きめの箱に入れていくということが、何気に重要です。
また、荷物を入れた箱には品名だけでなく、運んで欲しい部屋もわかるように書いておくと引越しのときに大いに役立ってくれます。
どんなことでも同じですが、引っ越しも段取りが大切です。十分な大きさと量のダンボールを揃え、当座必要でないものをどんどん詰めていきます。

日常的に使うものをのぞき、用途や種類で大まかに分け、詰めるようにしましょう。

ダンボールの外側には、中身の種類を書いた紙を貼ることで荷解きの順番を考えられます。
引っ越してすぐ使う、電気やガスや水道などの転出入手続きも早め早めに進めていかなくてはなりません。

引っ越しを終えたあとは、市役所でいくつかの手続きを行う必要があります。

後、地域の警察署に行って、住所を変える必要もあります。

正式には、住民票の写しを渡すと、即手続きは完了します。手続きが確定した免許の裏面には、変更後の住所が記載されています。

引っ越しの中でも、一人暮らしの方なら引っ越しサービスも通常のパックではなく、単身者専用のサービスを探してみると予算面ではかなりお得です。

専用コンテナに収まる荷物だけを運んでくれることが多く運べる荷物は多くないという思い込みがありますが、結構多くの荷物が収まるものです。それでも若干の荷物が余ってしまったら、同じ業者の宅配サービスを利用してください。

私たち一家の引っ越しの時は子供はちょうど1歳でした。

話すことはできなくても何かと変わったことを感じていたようでちょっと戸惑っているのがわかりました。

子供のものも知らぬ間に増えていたので使わなくなったおもちゃなどを整理しました。

いろいろ片付けていて母子手帳があったので、今まで書いたところを改めて読みました。それほど昔のことではないのに、ずいぶん懐かしく感じました。転居に必要な手続きの一つは、ネット回線を使えるように手続き、場合によっては工事をしておくことです。当たり前のようにインターネットを使っていると、うっかり忘れてしまうもので、引っ越しを終えて、いろいろ連絡を取ろうと思ったところで、はじめて移転手続きが終わっていなかったことに気づいた、という話は時々聞きます。当然ながら、引っ越しが重なる時期になれば数週間待たないと工事ができないということもありますので、いくら早くても問題はないので、プロバイダーへの連絡だけでも早めにしておくのが鉄則です。引越し終えると、必ずくるのが、新聞屋さんとNKKです。みっちりと引越しを見ていたかのように機敏な対応です。

近頃は、パソコンが普及しているので、昔に比べると断りやすいです。情報はネットで見ることができますので、テレビを見なくても全く変ではありません。

これでNHKの受信料は払わなくて大丈夫です。
法律上、賃貸物件からの引っ越しの場合、原状回復が義務になっていますが、経年劣化も考慮しなくてはなりません。

破壊や破損が明らかな箇所は入居者のお金で修理しなければならないわけですが、壁紙の自然な退色や、モルタルの小さいひびなどは修理費用を請求されることはありません。

余計な心配をしないで済むよう、慎重に暮らすのが退去時に請求される費用を減らすことにつながります。

引越しをすることに決めました。

住所変更の手続きに伴い、どうも車庫証明を取り直さなければならないらしいです。実家暮らしだったときには、このような手続きは全て父が行ってくれていました。それなのに、父自身は大変だなとか、面倒だなとか一度たりとも言ったことはない気がします。
やはり一家の父という立場は偉大なんですね。引っ越し専門業者としては、日本通運(日通)も多くの人が、テレビコマーシャルの「引っ越しは、日通」を思い浮かべるほど、よく知られた存在になりました。引っ越しサービスを扱ってきた業者を思い浮かべると、引越社、引越センターといった、専門業者であることを表す会社名である先入観がありました。ところが、運送会社は近年、引っ越しサービスを家庭向けに行う事業を増やしてきました。そのような運送会社はたくさんありますが、日通のような有名な会社なら、引っ越しも安心して任せられます。

引っ越しの料金費用は、運搬する時間や荷物量によって定まった基本費用と人が動くと絶対に必要になる実際の費用とクーラーの設置取り外し費や必要ないものの除去費用などのオプション費用で定まってきます。

一体、引っ越しにかかるお金はどれくらいなのかわからないでいると、少々心配になってしまうかもしれません。
しかし、費用関連については、ネットを使うとすぐにわかるでしょう。

近頃では、複数の会社から一度に各々の見積もり額を提示してもらえるサービスサイトもあり、正直、どこを選べば費用が抑えられるか等を目星をつけることもできない、という場合はそういった簡易見積もりをとれるサイトを覗いてみて、一括見積もりを申し込んでみると良いでしょう。
高知で引っ越し業者を探す

走行距離と荷物の嵩は当たり前ですが

梱包、開梱を自身で行うなら、ビニールで覆うなど、雨天時の対策はかなり大事です。
季節によってはゲリラ豪雨などもありますし天気が怪しい時には、雨対策を忘れないでおきましょう。引越しのときは、きっぱりと古いテレビを捨て、新製品の大画面テレビを設置しました。新しい家はとても居間が大きいので、大型で緻密な画像で、テレビが楽しめればいいと思ったからです。

テレビを買い替えただけで、かなりリビングの感じが変わって、華やかな空間になって大満足です。

大抵の引っ越しにおいて、意外と費用がかかってしまうが工事費用が必要になる、エアコン関連の出費になります。エアコンを取り付けたり、外したりするのは、専門家の仕事になりますので、費用を見てみると、一台を取り付けるのに約一万円ほどかかるようです。

引っ越しのオプションとして、業者にエアコンのことも頼んでいる場合は概ね安く済むはずですけれど、引っ越し業者はエアコンを新居に運ぶだけ、そして工事をどこにも頼んでいないという場合は、改めて専門業者に取り付けを頼むか、あるいは、新品を購入して、古いものの引き取りと、取り付け工事もしてもらうかよく考えてから、判断しましょう。
引っ越しの場合、ガスコンロには注意する必要があります。
それは、他のものとは違い、ガスの元栓を締めてからでないと許されないからです。
かつ、ホースや器具にほんの少しガスが残っていますので、喫煙しないのは当たり前の事、部屋の換気をしっかりと行い、空気を入れ替えておくことが望ましいです。業者に引っ越しを頼む場合、金銭面の負担は避けられませんが、引っ越し業者によって必要経費が変わります。

出来るだけ無駄な出費のない業者を選択したいですね。たとえ費用が最安値でなくても、荷造りの際のゴミを引き受けてくれるようなサービスを提供している業者もあるようですから、見積もりをとる時には複数の引っ越し業者にお願いして、ついてくるサービスやオプションを確かめてから判断するのが一番良い方法だと思います。何月何日何曜日に引っ越すかによって、業者に支払う金額はずいぶん変わってくるようです。学校や職場が変わり、引っ越す人も増える春先はどんなことをしても費用は安くなりません。

同じく、土日、祝日なども割引はきかないことがほとんどです。そうは言っても、引っ越しする時期や曜日を変えることは難しいものです。

インターネットで検索すれば、引っ越しの総合案内サイトや業者の比較サイトがあり、無料サービスとして、見積もりを出してもらうことも簡単に行えます。

業者のサービスを十分比較して、引っ越し費用の削減を目指しましょう。
引っ越しの際に大切な点は、デリケートな物を厳重に梱包するという点です。

電化製品で箱があるなら、心配ご無用です。しかし、箱を捨ててしまった場合も多いことと思います。そんな状態の時は、引っ越し業者の人に梱包してもらうと問題ないです。

大手の引越し業者、地方でがんばっている引越し業者などの出してきた金額をパソコンを使って便利に比較検討ができる時代です。引っ越す人の状況にあった運搬業者を見つけ出すことができたら、明日にしないで依頼しましょう。

引越し会社に要請しました。

引越し作業に熟知したプロに頼んだ方が、安心だと考えたのです。にもかかわらず、家具に傷を付けられてしまいました。

このような傷がついたら、保障はきっちりとしてくれるのでしょうか。泣き寝入りしないで、確実に償ってもらおうと思います。

引越の時にその場で確認するのは面倒くさいと思ってもしっかり確認しておいたほうがいいでしょう。

家賃を払って借りていた物件の場合には、不動産業者や大家さんが、その場で確認することになります。

敷金をいくら返すかを決める重要な要素ですから、可能なかぎりキレイに掃除するようにしてください。また、リフォームの必要な箇所を、両者で確認し合うことで、トラブル発生の可能性を低くすることにもなります。

引っ越しをする連絡は大体は出て行く日の一ヶ月くらい前に決まっています。たまに2~3カ月前に設定しているところがあるそうです。

このときは、すこしばかり注意を払う必要があります。

3ヶ月前の末日までに連絡するとかいているのに1ヶ月くらい前なら大丈夫と考えていた場合は、2ヶ月分の違約金や家賃を請求してくることもあります。
学校や職場から便利なところに住みたい、家族の人数が変わった、などの事情があって引っ越しするケースが結構あると思います。

この際だからと、不要なものや着ていない服などはまとめて処分してしまい、引っ越しの荷物を減らすことが多いのではないでしょうか。

しかし、布団は買い換えや処分を行うことなく今まで使っていたものを引っ越し先で使うことがほとんどです。

毎日使うものであり、自分になじむものなので引っ越しが手放す機会にならないと思われます。
引越しの時期と値段とは

実際に物件を見て回るのは30分から1時間と

新居に荷物が運搬された時、濡れているダンボールをみつけて業者に即、電話を入れました。
水の出た原因は洗濯機で、ホース内に水が残っていて何かのはずみで漏れ出てきてしまったのでしょう。その状態のままでずっとトラックで運んできてしまいました。

他の荷物に水が染みた、というようなこともなく、大した実害もなかったのですが、まさか、洗濯機のホース内の水を抜く、という発想はありませんでしたから次回からは気を付けたいです。
引っ越しの最盛期と言えば、一般的に春や秋になると思います。この時期と言うのは、大学入学や就職や転職といった環境が変わるイベントが多いことが主な理由として挙げられます。引っ越しは大変面倒臭いものだと耳にすることもありますが、手続きがややこしいという点が不満だそうです。

電気・ガス・水道・役所への提出書類などなど、元の住まいからこれからの住まいの両方の地域で必要な手続きが多いので、焦らない為にも計画的な作業が必要になるわけです。

私たちが引っ越し業者を決める際、日本通運(日通)が「引っ越しは、日通」のコピーがヒットしたこともあり、誰でも知っている事業になりました。昔から引っ越しサービスを行ってきた業者であれば、会社名は引越社、引越センターに決まっていたのが当然だと思っていました。
あちこちの運送会社は、近頃、一般家庭の引っ越しに目をつけ、事業に参入しているのです。

そのような運送会社はたくさんありますが、日通のような有名どころであれば、それなりのサービスを期待できます。

一番大変な引越しの準備の作業は家中の物をダンボールに収める作業であります。
日常ではなかなか思うことはないですが、荷物の箱詰めを始めるとこれほど家の中に物があったんだとビックリします。
でも、引越し準備と併せて片付けをすることが出来る絶好の機会です。居住地を変えることにより、あちこちに届け出をして結果として変更を迫られることもあります。

固定電話の番号は、その最たるものです。
NTTに住所変更の申し込みをしてこの回線を引っ越し後も使うために、どんな手続きが必要か確認しておきましょう。
ご存じの通り、固定電話の番号は、市外、市内局番、個別番号の順になっています。

同一市内局番の地域内で引っ越すなら、電話番号を変える必要はありません。
何かサービスを受けた時にチップを出す、という習慣は、かなり馴染みのないものですが、引っ越しの時に限っては、業者に料金以外のお金を包むという人はかなり大勢います。

大きな荷物の上げ下げを繰り返してくれる作業スタッフに感謝と労りの気持ちを表すために、お金を手渡したり、また、ペットボトルの飲み物や食べ物を渡す場合もあります。

当然ながら、こうした差し入れなどは、渡す必要はないのですが、作業スタッフからすると、もらえるとかなり喜ばしいことのようです。気持ち良く作業してもらえるなら、チップ的なものも充分ありですよね。早いうちに引っ越しの見積もりは依頼したらいいですね。転居が近くなってから見積もりを依頼すると、先を急ぐあまり妥協してしまいがちです。
また、早々と、引っ越しの会社を決定した方が引っ越しが安上がりです。

引っ越しまでの日程がきついと、お願いできる業者が限られることもあるので、引越しを行う時のコツは、新居の間取りを念頭において、荷造りなどの引越し準備をするということです。段ボールに荷物を詰め込む時に、その荷物をどの部屋へ置くのかを決めて、ダンボールにメモしておくと新居へ着いてから余計な動きを省けます。他に、手続きに必要な物事は順に計画的にこなしていくと良いです。

引っ越しの際に、洋服が衣装ケースに入れられていると持ち運びが楽にできます。

私のお勧めはというと透明のプラスチック製の衣装ケースです。これなら、中身が見えるので大変便利です。
引っ越しを行うと、当面は荷物がどこに何が入っているか、わからなくもなりますが、衣装ケースにいれておくと、そんな悩みがなくなります。

私が移り住んだアパートはペットが飼育できないアパートです。

だけど、最近、隣からネコちゃんの鳴き声が感じられるように変化しました。大家さんもそれを確認しており、何度となく指示をしたようですが、「育ててない」としか言わないそうです。

引越しは、自力で頑張る場合と業者にやってもらう場合があります。結婚していないと、そこまで荷物が多くないため、自分ですることができます。引越し業者に依頼した時にびっくりしたことは、荷物を積み込むのに必要な時間がとても短いということでした。段取りだけにとどまらず、二人で作業すると全然違いました。

引越しをする時には、引越し業者に頼むのが、一般的なことだと思います。その引越しの時に、飲料の差し入れをするケースはありますが、チップなどは必要ありません。

海外に行くとチップは広く用いられていますが、国内でしたら、特に気にすることもないでしょう。退去する日は大体は引っ越しする日の1ヶ月ほど前に決まっていますが、どのくらいの割合かわかりませんが、2,3ヶ月前に決定している不動産屋もあります。こういう場合は、かなり注意しておきましょう。
3ヶ月より以前に報告しなくてはならないのに1ヶ月前くらいに連絡したときは1ヶ月以上の家賃を請求される場合があります。

引っ越しを左右するのは、流れをつかんでいるかどうかになります。流れは、またの名を段取りとも言われています。この段取りが上手くいかないと、大幅に時間が掛かってしまうケースもあります。とは言え、こういう時は、理屈を詰め込むよりも経験で学ぶ事なのかもしれません。
冷蔵庫のみ 引っ越し

特別控除が3000万円適用されます

その一方で、住宅は必ず経年劣化しています。破壊や破損が明らかな箇所は修理費用が発生するわけですが、日焼けなどの退色や自然な質感の変化と見なされれば回復義務は発生しないのが普通です。いずれにしても、住宅を傷つけたり、損なったりしないことが退去時に請求される費用を減らすことにつながります。引越しするタイミングは、繁忙期と呼ばれる忙しい時と忙しくない時の2つくらいに大きくわけられます。暖かくなってきた頃で、引っ越すタイミングが混みあう、4月の前くらいが繁忙時期、それに該当しない時期は通常期と言われています。だいたいこのようにわかれますが、分け方はいろいろあります。引っ越しにつきものの悩みと言ったら、やはりどの業者を選ぶのかですよね。引っ越しの経験が無いならば、不安も大きいと思います。初めて引っ越しした時、私は引っ越しのサカイさんに依頼しました。

いろいろと調べたのですが、料金とサービス内容が一番良かったので選びました。
従業員さんもとても親切に説明してくれて、信頼できた覚えがあります。これ以降の引っ越しは、いつも引っ越しのサカイを利用しています。良い引っ越しを経験しましたから、安心感が違います。今後もまた引っ越しの機会があっても、ずっとサカイさんにお願いするつもりです。引越しをして、きっぱりと古いテレビを捨て、新しい大画面のテレビを手に入れました。新居はリビングを大きくつくったので、大きくて鮮明な画面で、楽しくテレビを見たいと思ったからです。
テレビを新しくしただけで、相当リビングの印象が変化し、華やかな空間になって大満足です。

作業を順調に終わらせる計画性も、引っ越しにおいては大切ではありますが、常に頭に置いておきたいのは出費を抑えることです。
なんだかんだとお金が必要になり、予定していた金額を超えてしまうことも珍しくありません。

安くてサービスの良い業者を見付けられるかがポイントですから、インターネットの一括見積サイトで複数の業者の見積もりをとって比較検討しましょう。自家用車も一緒に引っ越しする場合、自動車も住所変更を行うことになりますが、ナンバープレートが変わることについては疑問に思うでしょう。引っ越しによってナンバープレートの変更があるかどうかを決めるのは、引っ越した先がどこの陸運局の管轄かで分かれます。
その前の居住地と、陸運局の管轄が変わらなければナンバーは変わらなくなります。
管轄が違う地域に引っ越すのであれば、ナンバープレートも変更しなくてはなりません。

以前からの夢だった一軒家の家を購入しました。

転出の前にそれぞれの居室にクーラーを取り付けなければなりません。

入用なクーラーの数は四つ、なかなかの出費です。

それでも、大きな家電量販店で一気に四つ買うからと頼み込むと、大きく割り引きをしてくれました。
予定していた支出よりも、かなり安くすみました。引っ越しにお金はあまりかけたくないという場合、おススメの引っ越し業者は赤帽です。

中でも単身引っ越しでは評価が高い引っ越し業者です。

ほとんどが時間制の料金が適用されるので、ドライバーの運搬を手伝えば作業にかかる時間を抑えることが可能でしょう。

赤帽が使う運搬車は軽自動車ですが、思ったより多くの荷物を積み込めるので、一般的な引っ越しの荷物の数であれば問題ないと思います。私は去年、単身赴任の引っ越しをしました。サラリーマン生活初の単身の引越しでした。会社の決まりで複数の企業から見積もりを作ってもらい一番見積もりが安かった業者を選択するのですが、赤帽が選択されました。
はじめは不安を感じていたものの、手際よく引越し作業をしてくれたので、次に引越しする時にも赤帽を利用したいと思いました。引っ越しをする連絡はだいたい決められているのは引っ越しする日の1ヶ月ほど前に決まっていますが、どのくらいの割合かわかりませんが、2,3ヶ月前に決定している不動産屋もあります。
この場合はちょっと注意が必要です。3ヶ月以上前に告知しなければならないと決まっているのに直前でもいいやと思って連絡していないと1ヶ月以上の家賃を支払い命令がくることがあります。引越し業者がたくさんあるものですからとても迷ってしまいました。周りの人や口コミなどを参考に見聞きするものの、その時に来られた営業さんやバイト君の対応しだいで、評価は良かったり悪かったりと色々で、結果的としては、アリさんとパンダさんが雌雄を決することになりました。

団地から一戸建てに引越しをしたのですが、結構、スムーズに引越し作業をしていただけて、アリさんに感謝しているわけです。いろいろな理由はあると思いますが、引っ越すことが決定しますが、引っ越しの日が定まっているのならすみやかに大家さんに連絡しましょう。退去の告知時期が記載されていない場合も、早く連絡しておいた方が安心して引越し準備ができます。引越しを行うことになりました。住所の変更などに伴い、車庫証明ももう一度取り直す必要があるみたいです。実家暮らしだったときには、こういったわずらわしい手続きは全て父がやってくれていました。それでも、父は面倒だとか、大変だとか一回も言ったことはないように思います。

やはり一家の父という立場は偉大なんですね。住民票の移動と連動する手続きの中で大事なのが運転免許証の住所変更届です。

いろいろなところで、写真付き身分証明書として運転免許証が使われるので住所変更の申請も、早めに済ませましょう。転入先から最寄りの警察署へ行き、運転免許証と一緒に新しい住民票の写し(本人だけの記載で良い。

住所変更した後の健康保険証や公共料金領収書なども有効)を所定の窓口に提出し、届に記入すれば記載事項の変更ができます。特に、引っ越しに慣れていないような人にとっては、費用がどれくらいかかるかというのは金額の目途がつかないと、かなり気になってしまうものです。

とはいえ、料金の解説サイトなどもありますし、ネットでたやすく調べられます。

一度に何社もの引っ越し業者より各々の見積もり額を提示してもらえるサービスサイトもあり、正直、どこを選べば費用が抑えられるか等をどうにも判断しかねている場合はそういった簡易見積もりをとれるサイトを利用してみるのも良いかもしれません。引っ越しを行う時の手続きの一つに、転出届を届け出ることがあります。

ただ、その届は現住所と新住所が違う市長村である場合です。同じ場合は、転居届を申請します・申請を行うタイミングは、引っ越しの2週間前や引っ越し先が決定したらすぐなど、市町村によっても異なりますので、前もって確認しておきましょう。

私も引っ越しをした時に運転免許の居所を変更しました。
置き換えしないと、更始の手続きが円滑にできません。
住民票を移転させるのと同じように早めに運転免許もチェンジしておいた方が後々が安心です。

忘却せずに、執り行っておきましょう。
引越し業者でも長野がおすすめです

今まで考えていなかった会社の方がリーズナブルになる

引っ越しの時にいろいろな物の梱包を、衣服から日用品までなんでも自分でこなしてしまう人は意外に多いのですが、引っ越し会社のプランには、荷物の梱包についても引っ越しプランの一つとなっていることがよくあるのです。
そういうことであれば全部自分で頑張ろうとしないで、業者の手を借りることを考えましょう。
業者の方が作業には慣れていて、時間もかかりませんし、作業中や運搬中に、破損などの被害を受けることがあっても梱包を行った業者が責を負って損害の程度に応じて弁償を行ってくれる可能性もあるからです。

新たな住居と、引っ越しの日取りが決まったところで、おおざっぱで構いませんので、引っ越し準備をいつからどうやって開始し、引っ越しの日をどんな状態で迎えるか、というプランを立てましょう。
よく言われることですが、引っ越し準備をあまりにも早めにやり始めてまったら片付けが進みすぎて、生活に支障が出てくることも考えられますし、遅すぎる場合は後から忙しくなってしまいます。まず手をつけていきたいのは、今使っていない本や道具、衣類などで、これらから最初にまとめていくようにすると無駄なく進めていけるはずです。
荷造りが大変なものはいくつかありますが、食器は数も多く、とても面倒です。

必ずといっていいほど陶器やガラスの割れ物が含まれ、個々に配慮しながら包み、詰めていかないと運搬中に破損する危険性が高まります。

最近のグラスは、薄いガラスで作られたものが人気でもあります。
薄いガラスでできた食器類は、内側に新聞紙などを詰めてから、外からも包み、また、専用の箱があるのでそれに入れるなど、梱包全体に厳重な注意を払うとどきどきしながら荷物を開けることはなくなるでしょう。

クロネコヤマトでの引っ越し風景もよく見ますが、料金はいくらくらいなのでしょう?今はいくつかの引越し業者に必要な料金をきいてお得な業者を選ぶ場合が多いです。

他社と比べてクロネコヤマトも料金的には大差はないかもしれません。

しかし、オプションの面で得をしたり、作業員がよく教育されていると評判です。私たち家族は最近、三回目の引越しの経験をしました。

引越しの作業は毎度大変ですが、慣れてしまいました。荷造り、荷ほどき、ほとんど私の役割です。

旦那はいつも家電、家具などの大きいものを掃除したり、片付けを行ってくれます。

しかし、今回は洗濯機の水抜きを忘れていたので、新居の洗面所が、びしょびしょになってしまいました。引越し業者を利用すると、土日・祝日の費用は割高になります。

平日は休みをとれないという人が大多数なので、引越す人の希望が集中してしまうからです。

電気料金でも、使用者が集中する日中は割高で、使用者の少ない夜間は、安いですよね。できるかぎり人気がない曜日を選択すれば、引越し代を節約できるでしょう。引越し業者にお願いしました。

引越し作業に熟練したプロに頼った方が、安心だと考えたのです。それなのに、家財に傷を作られました。
このような傷が付せられたら、保障はきっちりとしてくれるのでしょうか。泣き寝入り無しに、しっかりと償って頂こうと思います。

引っ越し業者の選択は難しいものです。

引っ越しの経験が無いならば、不安も大きいと思います。

私の場合ですが、引っ越しのサカイにお願いしました。いろいろと調べたのですが、料金とサービス内容が一番良かったので選びました。不安もあったのですが、従業員さんが優しく対応してくれたことを強く覚えています。これ以来サカイさんのファンで、引っ越しの時にはいつもお世話になっています。経験から言っても、安心感が違うと思います。

今後もまた引っ越しの機会があっても、ずっとサカイさんにお願いするつもりです。
引っ越しすることに伴い、エアコンが要らなくなってしまいました。

普通の賃貸ですと、エアコンが有ります。わたしが住んでいる場所は、古くからの寮だったため、エアコンが欲しければ自分で用意しないといけませんでした。

寮なんかじゃなく、賃貸を選べばよかったと今更後悔しています。

住民票の移動と連動する手続きの代表が運転免許証の住所変更を申請することでしょう。
荷物を運ぶのが安いところ